高価だと思われるが、値段が想像つかない場合の出品方法

2013.12.15|オークション出品ノウハウ

このエントリーをに追加
Check

いろいろ自分のコレクションを整理していると、とんでもないお宝が出てくることがあります。

で、いろいろ考えて、オークションで売ることにしました。

オークファンを調べても、今の出品をみても、データがありません。またはあっても非現実的な低価格になっている。

しかし、ものすごく貴重なもので、相当高いもののはずです。

鑑定士にみてもらうのがいいんでしょうが。

で、あまりに貴重なので、ヤフオクに出ているなんてことも想像しないので、あんまり閲覧シてくれない可能性がある。だから、市場にあることを、知らしめなければなりません。

こういうものは、実際に出して、市場動向を調べるといいのですが、低価格で落札されていはどうしようもありません。

本来100万円ついてもおかしくないのに、もし1円出品したら、本当に1円で落とされてしまうことだってありえます。

こういう場合は、

1)まず、最低落札価格を、非現実なほど高額にして、比較的低価格で出品する。

2)期間は最長にする。

3)注目のオークションを活用し、目立たさせる。

という方法をとります。

これをくりかえします。すぐ売ろうとしてはいけません。

で、自分の希望価格が出てくるまで、じっくりと待つ。

で、希望とする価格くらいの入札があって、落札されない状態で、その価格に満足すれば、その入札価格より少しだけ低めで今度は、最低落札価格を設定しないで、出品します。

これで、だいたい売れます。

しかし、鑑定団なんかに出したら、とてつもない価格になるかもしれず、それもその場で鑑定しがぜひお譲りいただきたい、なんてもともあるので、安易に出品はしないように。

さて、そんなお宝、あるんでしょうかね。

私は、2000円の本を、コノ手で50000円で売りました。オークファンのデータでは13500円がマックス。でも、出品時には、もっと稀少だと判断しました。50000円最低落札価格を設定して落札されてしまったので、もっと高くしても売れたかもしれませんが。で、落札してもらった方には、長いこと探していたらしく、すごく感謝されました。探している人は、必ずいるものです。でも、そういう人がかならず、毎日オークションを覗いているとは限りません。

Share

この記事にコメント

*

トラックバックURL