ヤフオクの禁止行為

2013.7.15|オークションのルール

このエントリーをに追加
Check

ヤフオクの禁止行為です。
誤解が生ずるといけないので、そのまま引用します。

++++++++++++++++++++++++++++++

次の行為は、利用規約やYahoo!オークション ガイドラインに違反しますので、出品削除などの対象になります。

商品説明
出品物と直接関係のない画像や単語を商品タイトルや商品説明に掲載すること
出品物と無関係な商品の広告を掲載したり、リンクすること
オークションストア以外の出品者が、商品説明文を画像にして掲載すること
販売の対象を明確にしないこと
出品画面上で商品説明を十分にしないこと(自己紹介欄に特約事項を付記する、「分かる人だけ入札ください」「詳細はメールでのみお答えします」と記載するなど)
出品物以外の商品やサービスなどを、内容についての説明が不十分なまま「おまけ」などとして付加すること
取引
メールアドレスやURLなどを表記して、Yahoo!オークション外での取引を誘引すること
商品説明のなかで、表示価格より高い金額で取引を行う旨を記載すること
商品の落札価格に加えて輸送料や手数料などの名目で、社会通念上不適切な金額を追加費用として落札者に求めること
オークションシステム利用料分の負担を落札者に求めること
オークションストア以外の出品者が、消費税分の負担を落札者に求めること
その他
商品を正しいカテゴリ以外に出品すること
1つのオークションで複数の種類の商品を扱うこと(複数個商品を出品する場合は、商品の形や色、種類、モデルなどがすべて一致しなければなりません)
商品の内容、状態が同じものを1日に多数のオークションIDで出品すること。
ただし、1つのオークションIDで複数個出品できる場合で設定できる上限値以上の出品を同日に行う場合に、やむを得ず複数のオークションIDで出品する場合は除きます。
商品の広告を主な目的として出品すること
落札者の入金を商品調達に充当することを前提として出品すること
逆オークション、交換目的、掲示板としての利用など、Yahoo!オークションのルールを守らない出品をすること
そのほか、Yahoo! JAPAN独自の判断で不適当とみなす行為、またはYahoo!オークションの運営方針に外れるとみなす

Share

この記事にコメント

*

トラックバックURL