オークションの商品別出品ノウハウ 絵画

2013.7.10|オークションの商品別出品ノウハウ

このエントリーをに追加
Check

 

絵画については、2012年9月に新ルールができました。

 

従来、絵画を出していた出品者には注意喚起がありました。私も出品していたので、ヤフーからメールが来ました。

 

これの意味するところは、贋作が多い、ということでしょうね。

 

画商の知人と話をしていたら、プロは、ヤフオクは見ない、ということでした。

 

独自のオークションシステムがある商品については、ヤフオクは、あまりいい取引場所ではないようです。

 

ただ、ときどき、ものすごい掘り出し物があるようですが。

 

私自身は、絵画を出したことがありますが、売れませんでした。真筆なので、安く売りたくなかったので、そのまま持っています。鑑定書もついていますし。

 

ただ、今は、高価な絵画を売るには、その時期ではないようです。知人の画商に売却を頼もうとしたのですが、現在、絵画の流動性は低いようです。今売ると、二束三文になるので、もう少し景気がよくなるのを待った方がいい、と言われて引き受けてくれませんでした。

 

 

 

絵画の出品に関する新ルールについて

2012年09月05日

いつもご利用いただき誠にありがとうございます。
お客様が安心・安全にお取引いただけるように、
Yahoo!オークションでは、新たなガイドラインを施行します。
ガイドライン違反商品は予告なく削除する場合がありますのでご注意ください。
【絵画の出品に関するルール】

    • 特定の作者の作品としている場合は、真作または模写と明記すること
    • 特定の作者の真作としている場合は、万が一真作でない場合に返品を受ける旨を商品説明に明記すること
      (ノークレームノーリターンまたは真作でない場合に返品に応じないとする趣旨の記載は不可とします)

【入札する方へ】
入札をする際に不明な点がある場合は、「出品者への質問」機能を利用して、
真贋や返品・返金について事前に確認したうえで入札をご検討ください。
Yahoo!オークションは、これからもご利用の皆様により良いサービスを提供してまいります。
今後ともご理解とご協力をお願いいたします。

**********

励みになりますので、ポチッとお願いします。

オークション ブログランキングへ

Share

この記事にコメント

*

トラックバックURL