オークションで稼ぐということ (4) CD、DVDの仕入

2013.7.9|オークションで稼ぐ

このエントリーをに追加
Check

さて、仕入について、CDとかDVDの場合。

 

 

まずブックオフですが、私は、何度かブックオフの店頭をみて、買いたいものは何もありませんでした。だいたい多くの場合、汚いです。ブックオフにCDを売るというのは、本と一緒についでに、というのが多いと思うんです。もしまとまったCDのコレクションを売るなら、専門業者に売るでしょう。

 

 

CDなどの場合、中古を専門的に買ってくれる業者があります。一番有名なのは、ディスクユニオンだと思います。ディスクユニオンは、中古市場在庫をきちんと把握して管理していますから、ま、相場ですね。

ディスクユニオンに買取依頼を出しますと、ものすごく短時間で値段を出してくれます。というのは、今のCD、ほとんどバーコートがあるからです。これで、データとしてもっている。だからすぐに価格が呈示されます。もちろん、CDの質によって違いますが。そして、思いの外、新品ということのプレミアムがないことに驚きます。

ディスクユニオンの買取価格は、相場の参考になります。その2倍から3倍くらいの価格で店頭に並びます。

ディスクユニオンの場合、そういう価格ですから、この価格で買ってオークションに出して儲けをだすというのは、ほとんど不可能です。

 

 

CDやDVDでオークションで高く売れるようなものを仕入れるにはどうしたら良いかですが、一番いい方法は、タワーレコードなどのワゴンセールですね。

すくなくとも、一旦ネットで出てしまったら、それは、もう市場価格を形成します。やすく入手するには、足をつかわなければなりません。ネットに出る前のものを買うわけです。

 

 

タワーなどのワゴンセールのものは、多くの場合特価を設定していますが、ネットには出ていません。あくまで、店頭に来てくれたお客さんのみ、その恩恵を受けることができます。

なんでもそうですが、店に行くと言ったことだけでも、ネットだけで仕入れるより、一手間かけているわけです。いい情報をとるには、行動じだい差別化している必要があります。つねに新しい情報をねらって。

 

 

ワゴンに乗っている商品がすべてお得かというと、そうでもありません。通常価格のものもあります。

 

 

趣味の商品というのは、その商品知識がまず求められます。マニアは、苦労せず、こういう情報をすぐに頭にいれてしまうので、マニアには太刀打ちできない、というか、そういうマニアでないと、なかなかいい取引はできません。

 

 

まず、BRILLIANTレーベルのような、大手の原盤をライセンス生産しているものは、ワゴンにのっていることが多く、かつ安いですが、ワゴン以外にもあって、たぶん同じ価格設定です。買うにはお得ですが、転売では儲けることはできません。

 

 

ワゴンのうち、狙い目は、廃盤になって、低廉になっているもの、です。

 

 

廃盤といっても、いろんな理由があります。人気がなくて売れなかったもの、というのは、オークションに出しても、なかなかうまく行かないとおもいます。一番いいのは、契約がかわって、旧販売会社のものが廃盤になって、その後発売先がきまっていないもの、です。

それをどこで見分けるか、ということですが、マニアは、つねにそういう専門誌を見て暗記していますので、すぐに判断できます。そうでない人にとって、これを見分けるのは、まず不可能です。

 

 

私は、タワーレコードで、こういったものを690円で仕入、オークションで、2000円から2500円くらいで売りました。定価は、4000円くらいするものなので、この値段なら売れる見込みがあります。ただ、ものすごい人気商品ではないのと、いずれは調達可能になるので、この程度の値段です。しかし、3倍くらいになっているので、利益としては十分でしょう。

 

 

また、大手のショップの閉店セールは、かなり有効です。相当お得なものをゲットできます。ただ、そう頻繁にはないですし、閉店したら、もうそこはおしまいです。

 
**********
 
励みになりますので、ポチッとお願いします。

オークション ブログランキングへ
 

Share

この記事にコメント

*

トラックバックURL