オークションのデータを調べる

2013.5.15|オークション準備編

このエントリーをに追加
Check

オークションを実際にみて、価格をみても、それは、そのときにでているものだけですね。これを過去に遡ってデータを調べることができます。

 

これがオークファンなどのサービスです。無料会員もありますが、検索範囲に限度があり、本格的にオークションに臨もうとすれば、会費月500円ほどなので、プレミアム会員になった方がいいと思います。

 

 

 

 

本格的にオークションを行うのであれば、最初からオークファンプロに入るべきです。

 

 

相場観より著しく高く出品すると、なかなか売れません。これは、特別のもので、一般に出回っているものとは違うということであれば、そのように商品の説明をすれば売れるかもしれません。プレミアムがつく理由は、たとえばCDだったら、演奏している人のサインが入っているとか。これも、数が出回っていると、あんまりプレミアムという理由にはなりませんが。

 

人気のある商品であれば、スタート価格を1円とかにすると、入札を誘発し、結果として、高く売れることがあります。競い出すと、参加者が興奮状態になり、意地もあるので、どんどん入札してきます。ただ、目にふれないオークションだと、法外に低価格になることもあるので、リスクはあります。こういう低価格の出品は、慣れてきてからにすべきだと思います。

 

まずは、実際にオークションに触れてみることが大事です。

 
**********
 
励みになりますので、ポチッとお願いします。

オークション ブログランキングへ
 

Share

この記事にコメント

*

トラックバックURL