ネットオークションの出品を見てみる

2013.5.15|オークション準備編

このエントリーをに追加
Check

さて、まずは、どういう出品があるかどうか、見てみましょう。下の箱のところに商品名を何か入れてみましょう。そして、検索ボタンをおしてみてください。

 

 

自分の関心のある分野のものがいいです。趣味があれば、その分野。

 

なぜかというと、相場感があるからです。

 

たとえば、音楽ソース。CDなり、LPなり。自分が持っているものと比べてみます。で、ものによっては、定価を大幅に上回っているものがあります。これには、理由がありますね。みんなが欲しがっているものということです。つまり希少性がある。限定モノだったり、廃盤絶版だったりするものですね。こういうものは、通常の小売ルートでは入手できないので、オークションで探す人が多いわけです。しかし、こういう商品は、見てみないとわからないわけで、ここで出す人の信用が大事になってくるわけです。小売店で購入する、もし不良品であった場合、クレームすれば受け入れられる可能性がありますが、オークションの場合、原理的にノンクレーム扱いです。対応してくれることもありますが、原理的にない、と考えるべきです。その保証のないところが、価格に反映しますが、競ってしまうと、法外に高くなってしまうこともあります。

 
**********
 
励みになりますので、ポチッとお願いします。

オークション ブログランキングへ
 

Share

この記事にコメント

*

トラックバックURL