ヤマトメール便が廃止になります。

2015.1.22|オークションの商品の梱包・発送

このエントリーをに追加
Check

main

ヤマトメール便が廃止になるそうです。
3月いっぱいで。

信書をいれてしまうリスクがあるということですが、そもそも郵便でないと信書が送れない、という制度じたいが、時代を反映していないと思います。

オークションの発送で、メール便をよく使いますが、信書を入れたことはありません。便利な制度でした。

宅急便で簡易的なものができるようです。まあ、様子見ですね。

以下、ヤマトの説明です。

クロネコメール便の廃止について
ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長 山内 雅喜 以下ヤマト運輸)は、本年3月31日の受付分をもって、クロネコメール便のサービスを廃止することを決定いたしましたので、お知らせいたします。

1.クロネコメール便 廃止の理由
2003年、総務省より「信書に該当する文書に関する指針」が告示されましたが、2014年3月時点でこの指針を認知している方は、当社実施のアンケートで全体の23%にとどまっています。そもそも、同一文書でありながら輸送の段階で「信書」の場合と「非信書」の場合があるなど、「信書」の定義は極めて曖昧であり、特に個人向けの書類については、総務省の窓口に問い合わせても「信書か否か」即答いただけないケースが多発しています。
このように、「信書」の定義がお客さまに分かりにくいにも関わらず、信書をメール便で送ると、荷物を預かった運送事業者だけでなく、送ったお客さままでもが罰せられることが法律に定められています。2009年7月以降、当社のクロネコメール便を利用してお客さまが信書にあたる文書を送り、郵便法違反容疑で書類送検、もしくは警察から事情聴取されたケースは計8件にのぼりました。
当社はこうした事態を重く受け止め、お客さまがクロネコメール便で信書に該当する文書を送り、罰せられてしまうことがないよう、荷受けを厳格化し、注意喚起をはかるとともに、2013年12月に、総務省 情報通信審議会 郵政政策部会において、内容物ではなく、誰もが見た目で判断できる「『外形基準』の導入による信書規制の改革」を提案し、信書を送ってしまっても、送ったお客さまではなく受け付けた運送事業者のみが罪に問われる基準にすべきであると訴えてきました。しかしながら、結局、当社の主張は受け入れられず、依然お客さまのリスクをふせぐことができない状態となっております。
以上の経緯を踏まえ、法違反の認識がないお客さまが容疑者になるリスクをこれ以上放置することは、当社の企業姿勢と社会的責任に反するものであり、このままの状況では、お客さまにとっての『安全で安心なサービスの利用環境』と『利便性』を当社の努力だけで持続的に両立することは困難であると判断し、クロネコメール便のサービスを廃止する決断に至りました。

2.代替サービスについて
法人のお客さまには、事前に内容物の種類を確認できるカタログ、パンフレットなどの「非信書」に限定し、運賃体系も見直した上で、本年4月1日より「クロネコDM便」と名称を変更し、サービスを継続いたします。
また「小さな荷物」のやりとりにクロネコメール便をご利用いただいている個人、法人のお客さま向けには、同じく本年4月1日より、「小さな荷物」を安心で手軽にご利用いただける宅急便のサービスを拡充いたします。
宅急便のサービス拡充については、別紙のニュースリリース「宅急便のサービス拡充について」をご参照ください。また、「クロネコDM便」のサービスの詳細は、追ってお知らせいたします。
お客さまにはお手数をお掛けしますが、4月以降は「小さな荷物」については当社の新サービスをご利用ください。また、法人のお客様の「非信書」のカタログやパンフレットなどは「クロネコDM便」をご利用いただき、それ以外の「信書」に該当するおそれのあるものは他社のサービスへの切り替えをお願いいたします。
なお、クロネコメール便に従事する業務委託者(クロネコメイト)は引き続き「クロネコDM便」に従事するため、今回のクロネコメール便の廃止に伴う契約解除等の予定はありません。

宅急便のサービス拡充について
「小さな荷物」の宅配をもっと手軽に、もっと便利に。
ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区・代表取締役社長:山内 雅喜、以下ヤマト運輸)は、本年4月1日より「小さな荷物」に対応する新たなサービスを追加し、宅急便のサービスを拡充することを決定しましたので、お知らせいたします。

1.サービス拡充の背景
近年、通販やオークション市場の拡大に伴い、「小さな荷物」の宅配に関わるニーズが多様化しています。
法人のお客さまからは、小さいサイズの通販商品に適した安価で高品質な宅配サービスへのニーズが、また個人のお客さまからは、オークションやフリーマーケットサイトなどを通じた小さな荷物のやりとりに、スピーディーかつ安心して利用できるサービスへのニーズが拡大しています。

2.サービス拡充の考え方
「小さな荷物」の宅配に対するお客さまのニーズに、これまで培ってきた「宅急便品質」でお応えするため、下記の4点を重視しました。

[1] 宅急便60サイズ未満の「小さな荷物」に特化し、リーズナブルな料金設定で手軽に送れる高品質な翌日配達
[2] セールスドライバーの情報入力によるタイムリーな配送情報の提供
[3] 宅急便ネットワークを活かしたセールスドライバーによる集荷と受付窓口の充実
[4] 受け手の利便性をさらに充実し、宅急便レベルのスピード配送で初のポスト投函サービスを導入

3.新サービスの概要
従来の宅急便に加え、個人のお客さま、法人のお客さまのニーズに合わせた、2つのサービスを追加します。

新サービス①
小さな荷物を専用BOXで、
リーズナブルな運賃で送れる
新しいサービス 新サービス②
薄くて小さな荷物をポストに届ける
新しいサービス
特長 宅急便60サイズより小さめの専用BOXと専用薄型BOXの2つの専用パッケージでご利用いただける、対面手渡しサービス。
荷物追跡・時間帯お届けサービス・再配達・配達完了報告などの宅急便基本サービスや、店頭受取りサービスなどがご利用可能。 再配達にならずに届けて欲しいというニーズにお応えし、厚さ2.5cm以内の小さな荷物をご自宅のポストにお届けするサービス。
ポストにお届け時に受取人さまに配達完了メールが届く。
お客さま
(送り主さま) すべてのお客さま 法人のお客さま
※ 事前に内容物の種類のお申し出と発送のお手続きが別途必要
個人のお客さま
※ 当社と契約のあるフリマサイトご利用時のみ
内容物(例) 衣類・化粧品などの専用BOXに入るお荷物 CD・DVD・トレーディングカードなどのお荷物
配達方法 対面配達 ご自宅ポストへの投函
サービス
レベル 全国翌日配達
※ 一部地域を除く
料金(税別)
※予定 地帯別運賃 全国一律運賃
宅急便60サイズより割安な運賃
※ 各種割引サービスにより専用BOX代込みで400円台から提供(持込割引・デジタル割など)
お客さまごとの相対契約
※ 荷物の数量・大きさなどにより見積もり
※ 新サービス①より安価な料金
※詳細につきましては、本年3月に発表を予定しております。

Share

この記事にコメント

*

トラックバックURL